小説家食堂

小説、エッセイに登場するあの料理を食べる

ブラディ・マリー(村上春樹『風の歌を聴け』)

“僕たちは港の近くにある小さなレストランに入り、簡単な食事を済ませてからブラディ・マリーとバーボンを注文した。”(村上春樹『風の歌を聴け』より) ブラディ・マリー。 1979年に村上春樹(1949-)が30歳のときに発表したデビュー作から。『風の歌を聴け…

天厨菜館(開高健『天子の食事』)

“今年の三月に邱大師が渋谷に『天厨菜館』(天子の厨房)という凄え名前のレストランを開いたという話を編集長の竹内ボクチャンが聞きこんできた。”(開高健『最後の晩餐』の「天子の食事」より) “北京焼鴨であるが、これは私がかねがねそうあってほしいと…

わかめの炒め物(向田邦子『向田邦子の手料理』)

酒のつまみや、箸休めにちょうど良い、ごく素朴な味。七味を振って変化を利かせても美味しい。 脚本家、エッセイスト、小説家の向田邦子(1929-1981)の料理本から。第一線で活躍中の飛行機事故での死はあっけなく、当時の日本では大きな衝撃でした。 向田さ…

黒ビール(ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』)

“そこでジョウは黒ビールを一本あけようかときき、またどねりー夫人はポート・ワインもあるからそのほうがよろしければ、というのだった。”(ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』の「土くれ」より) クリーミーな泡が特徴。 20世紀の最も重要な作家の1人と…

フィッシュ・アンド・チップス(玉村豊男『てんぷらの分類学』)

“東欧の例のほかにもうひとつつけ加えるならば、イギリスのフィッシュ・アンド・チップスというのがある。これは町なかの屋台店のようなところで、店先で揚げたてのを紙にくるんでもらって立ち食いするスナックでもあれが、安食堂のメニューにもよくのぼるし…

ミートソース茶漬(村上春樹『食物の好き嫌いについて(3)』)

“だいたいどうしてうどんの中にわざわざカレーとかコロッケみたいな明らかに異なったライン上にあるものを放り込まなくちゃならんのか、僕にはまるっきり理解できない。そんなことを許しつづけていたら今に「ミートソース茶漬」なんてところにまで突っ走らね…

ビーフ・ステーキ(村上春樹『ビーフ・ステーキ、ビーフ・ステーキ』)

“僕が好きなのはごくシンプルなステーキである。頃合のいい上等な美味い肉をさっと手際良く焼き、肉汁をにがさないように上からかけただけのシンプルこのうえないステーキである。味付けは軽く塩・胡椒くらいでいい。” (村上春樹『村上朝日堂はいほー!』の…