小説家食堂

小説、エッセイに登場するあの料理を食べる

黒ビール(ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』)

“そこでジョウは黒ビールを一本あけようかときき、またどねりー夫人はポート・ワインもあるからそのほうがよろしければ、というのだった。”(ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』の「土くれ」より)

黒ビール(ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』)

クリーミーな泡が特徴。

 

20世紀の最も重要な作家の1人と評されるアイルランド出身の小説家、ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)の代表作から。『ダブリン市民』のなかの小品は一部、映画化もかつてされました。


ジョイスの多くの作品はアイルランドでの経験で構成されています。本作もそのひとつです。アイルランドはイギリスの隣に位置する小さな国ですが、世界的な人気を誇る黒ビール、ギネス(GUINNESS)が生まれた国。アイリッシュウイスキーも有名です。

作品の舞台のダブリンは1756年のギネス創業の地で、黒ビールが物語の情景にたびたび登場します。ジョイスの作品では、黒ビールは本作だけでなく、『ユリシーズ』にも登場しています。

ちなみに、黒ビールという名称は日本流です。ビールの種類としてはスタウトと呼ばれ、ピルスナーやラガー、エールなども、同じく種類の名称。黒くなるまでローストした大麦が使用されていることが多いようです。海外で機会があれば、ブラックビールではなく、スタウトと注文してみてください。

 

ダブリン市民 (新潮文庫)

ダブリンの市民 (岩波文庫)

ユリシーズ 文庫版 全4巻完結セット (集英社文庫ヘリテージ)

ユリシーズ 文庫版 全4巻完結セット (集英社文庫ヘリテージ)

A05 地球の歩き方 アイルランド 2017~2018

A05 地球の歩き方 アイルランド 2017~2018